台湾料理を一緒につくって、楽しく食べながら、台湾の政治状況についての話も聞ける、お得なイベント【台湾ナイト!】を企画しました。台湾には宗教上の理由から菜食している人も多く、精進料理が非常に発達している、というのも知られざる特色のひとつ。海外旅行に行くとき、台湾乗り換えの航空会社を何度か利用しましたが、台湾発の便だとベジタリアン機内食がおいしくていつも感激したものです。今回は

  お待たせしました!リクエストにお応えして、豆乳ヨーグルトワークショップを久々に開催します♪整腸に、美肌に、放射能防護に、アレルギーの抑制に、驚くほどの効果を発揮する乳酸菌。それが手軽に摂れるのがヨーグルトですが、日本人の体質に合わない牛乳は使いたくないものです。豆乳から自分でつくれば、うんとヘルシー。しかもリーズナブル、それに簡単♪このワークショップでは

手づくり味噌に挑戦! 今年のルナは麦みそ―マクロビオティックの基本の味噌―を手づくりするワークショップを企画しました。 西日本で多く利用される麦みそは、加熱に強いので、味噌汁以外にもさまざまな料理で活躍してくれるスグレモノです。 材料は厳選した、北海道の自然栽培大豆と、無農薬無化学肥料の国産大麦麹をご用意します。

おせちワークショップ12/23(祝)&12/28(土)&12/29(日)のご案内おせち料理手作り派はもはや絶滅危惧種!?調査によれば、お正月におせちを食べるという日本人は多くても、実家に里帰りした際におかあさんが用意してくれたのを食べる程度、という人がほとんどなのだそうです。もはや自分でおせち料理を手作りする人は70歳代よりも上の人がほとんど。あと10年

ルナの農業体験イベントで、さる11/3(日)、くりもと地球村(千葉県香取市)に行って来ました。くりもと地球村では20年以上、完全無農薬無化学肥料で野菜やお米を栽培しています。この日のメニューは、人参堀りとさつまいも掘り。よく茎や葉が育っている人参は、根っこも太っているだろう、と当たりをつけてにんじんを選び、引き抜いていきます。たくさん収穫できましたー!

食を支える農業のこと、みんなにもっと知ってほしい、体験してほしい……久々の農業体験ツアーを企画しました!(日が迫っていてすみません)くりもと地球村は、1993年の開園から20年に渡り、完全無農薬・無化学肥料で野菜を作り続けている農場です。野草は土の栄養を奪うものでは決してなく、それとは逆に土に不足した栄養を補うために生えてきてくれるんだ、という考えに基いて、

TOP