ヴィーガン

中東の伝統的な料理にはベジタリアンでも食べられるメニューがいろいろあります。暑い国の料理なので、日本で食べるなら、断然、夏がおすすめ。最近巷で人気のファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)とよく似たエジプトの料理はターメイヤ。ひよこ豆の代わりに乾燥空豆を使ってつくります。ターメイヤに添えるディップは、ひよこ豆のディップ、なすのディップ、ヨーグルトのディップなど。トマトやきゅうりと一緒にピタパンにはさ

夏になると食べたくなるタイ料理。でも普通のレストランのタイ料理には、化学調味料入りのペースト類や砂糖などがたっぷり。ヘルシーな素材だけで生み出す、刺激的な味わいのタイ料理を一緒に作ってみませんか。タイ在住経験5年、マクロビ歴15年以上の安田ならではの、ヘルシータイ料理です。(動物性素材・白砂糖・化学調味料・ペースト類は使いません)メニュー☆ジャスミンライス☆パネーン(タイカレー風味

免疫力アップに、腸活に、妊活に、美肌に、とマルチな効果を発揮する乳酸菌。日本人に合わない牛乳からではなく、豆乳のヨーグルトから摂りましょう。この講座では豆乳ヨーグルトのつくり方を、身近な素材で乳酸菌を起こすところからお教えします。日本の風土にあった米ぬか乳酸菌は強力で丈夫だから、びんを消毒したりといった面倒な手間は一切不要。温度管理もテキトーで大丈夫なので、気楽につくれます。

ニラは1年中見かける食材ですが、旬は春。夏になると硬くなってくるので、春のほうが柔らかくておいしいのです。ニラと相性のいい食材といえば?レバーとか卵とかを思い出す人もいるかもしれませんが、わたしにとっては「米粉」です。わたしが一時期暮らしていたタイではニラと米粉を使ったおやつが2種類ほどあって、大好きだったのですが、作るのはちょっと面倒くさい。でもチジミなら超簡単です。刻んだニラ(1/

松葉茶が新型コロナワクチンのデトックス(排毒)に役立つ、とされて一部で流行しています。本当なのでしょうか? 結論からいうと、根拠はなく、おそらく誤解に基づいて広まった説だと思われます。その誤解とは……松葉茶には「スラミン」という成分が含まれ、それが抗ウイルス作用を持つことから、ワクチンの成分であるmRNAの働きを阻害する、というものです。しかし「スラミン」は人工的に合成された薬剤であって

塩だけで漬けた飛騨の赤かぶら漬けが好き。いつも東都生協で買っていたのだけれど、最近取り扱いがなくなってしまいました。残念に思っていたところ、自然栽培の赤かぶを見つけたので、買って来て自分で漬けてみることにしました。赤かぶは皮は赤いけれど、切ると中は白いのです。漬けものにすると全部が赤くなるんだよ、と聞いてはいたけれど、ほんまかいな、と半信半疑で、やっぱり自分でやってみなきゃ、と思っていた

TOP