驚きの中国養豚事情を聞いたのでご紹介したいと思います(YouTube妙法DEEP MAX「航空機の安全を脅かすGPS妨害!その有り得ない背景事情」から)。 昨年秋に中国ハルビンの空港近くで航空機 が電波妨害を受けて運航に支障を来すという苦情が何件もあり、調べたところ、地上から妨害電波が発せられていることがわかったといいます。その妨害電波の発信元は、なぜか養豚場。事情を聞くと、アフリカ豚

中国で野生生物が食用禁止にされたという。「中国国営新華社通信などによると、中国の全国人民代表大会(全人代=国会)の常務委員会は24日、野生動物の食用利用の禁止を決定した。新型コロナウイルスが、湖北省武漢市の海鮮卸売市場で販売されていた野生動物から人に感染した可能性があるとみられるためだ。 決定は「野生動物の不法取引を全面禁止し、むやみに野生動物を食べる悪習を排除し、人民の生命・健康・安全を

新型コロナウイルスは、人間の細胞にあるACE2(アンジオテンシン変換酵素2)を足がかりにして、そこから細胞に侵入してきます。特定の集団には、ACE2発現が高い遺伝子変異体があることがわかっており、これらの集団では新型コロナウイルスの感染率が高くなると考えられています。そして、その変異体をもっとも多く持っている=もっとも感染しやすい人種が日本人である、ということが下記の表からわかります。(翻訳は

新型コロナウイルス(武漢肺炎/COVID-19)と中国社会(2/13まとめ)※ところどころ追記今、健康に関するもっとも重大な問題がこれです。自分たちの命を守るためにも、背景の中国社会事情と合わせてよく知っておきましょう。 1.新型コロナウイルスの特徴発熱、咳、全身倦怠感、呼吸困難。喉の痛みやくしゃみ、鼻水などは少ない。ウイルスがいきなり肺で繁殖し、肺の組織が繊維化?。しかし肺炎で死ぬ

 サルでもわかる「習近平を国賓にしちゃダメなわけ」★ウイグル人数百万人を強制収容所で拷問習近平は現在、数百万人規模のウイグル人を強制収容所に閉じ込めている。中では拷問・レイプが日常茶飯事。ろくに睡眠も取らせず、意識を朦朧とさせて、習近平を称える歌を歌わせるなどの洗脳がおこなわれている。女性は薬で不妊にさせられるなどしている。学校ではウイグル語の使用を禁止し、ウイグル文化

中国、武漢で発生した新型コロナウイルスは、既に中国全土に拡がっている模様。中国の大型連休「春節」(今年は1月24日~30日)と重なり、日本にも多くの中国人が訪れ、感染の拡大が予想されます。感染を防ぐ抜本的な対策が見つからず、不安に思っている方も多いと思いますが、ここでは「牛乳・乳製品を避けることが、コロナウイルス感染のリスクを減らす」という考え方をご紹介したいと思います。(これは以前、マクロビ

特集記事

TOP