マクロビオティック通信講座「サステナ・フード講座」★ライブ動画と質問で濃密コミュニケーション★わかりやすい&続けやすい♪

花粉症、アトピーなどのアレルギー、
うつ病、ADHDなどの心の病、
子宮筋腫、卵巣嚢腫などの婦人科系疾患、
病院で「治らない」と言われた難病……などなど、
すべて食事によって、大幅な改善が期待できます!
ぜひルナの通信講座「サステナ・フード講座」をご受講ください。


春の食卓-s-

健康の半分は食事で決まる!

講師の安田は年間300日は風邪をひいているほど病弱だったのが、食事の改善で別人のように健康に。化学物質過敏症も克服しました。

味噌づくり、大豆つぶし中
食の研究を続ける中で、ガンや白血病など不治の病と思われている病気や、原因不明の病気を食だけで改善した人の例もたくさん見てきました。今では健康の半分は食事が左右すると考えています。
アセット 11png
マクロビオティック食事法をベースにした、自然と調和する食によって、あなたを健康へと導きます。必ずしも、玄米じゃなくても菜食じゃなくてもOKの、ゆるやかな自然食を推奨しています。

クリスマス4人分-m-P1340265

講義は毎月1回動画でライブ配信
双方向コミュニケーションだから
わかりやすい&続けやすい!

ルナの「サステナ・フード講座」は毎月1回(原則第1水曜日午後8時から10時)講義を動画でライブ配信しますから、講師と直接会っているかのような感覚でスムーズに内容が理解できます。
講義を聞くだけでなく、その場で質問もできるので、わからないまま終わることはありません。
通常の通信講座は講師と面と向かい合う機会がないため、義理人情的な感覚が湧かず、よほど意志の強い人でないと続けられず、脱落する人が多いのが実情です。
ルナの「サステナ・フード講座」はテレビ電話のようにお互いの顔を見ながら話をしますので、濃密なコミュニケーションが取れ、続けやすいのも特徴です。

視聴は簡単
録画もあるから、安心&便利

視聴はパソコン、タブレット、スマートフォンのいずれでも大丈夫。
Zoomというアプリを使うので、パソコンの場合はメールで送られてきたURLをクリックするだけで自動的につながります。
(タブレットやスマホの場合は事前にインストールが必要です)。
また、講義は録画もしますので、都合がつかない場合には、それを後日視聴することも可能です。
録画を繰り返し見て復習したり、ラジオ代わりに声だけ聴きながら家事をしたり、といった利用法もできます。

CE1D16D7

 

身体の不調は、実は大切なことに

気付くための、天からの贈りもの

健康になるための食事を追及していくと、食の背後に隠されたさまざまな環境問題や社会問題に気づかされます。地球環境が健全でなければ、人間の健康も実現できません。
そのことを理解し、サステナブル(持続可能)な社会を実現するための食べ方を実践してみませんか?
毎日3回食事をするとしたら、世界を変えるチャンスは毎日3回もあるのです!

 

Globe

幅広い視野が養える食の総合講座です。

下記の項目すべてを毎月少しずつ学んでいきます。

通信講座の内容

 

◆健康(ライブ動画・テキスト)

◇目からウロコの東洋哲学

マクロビオティック理論は古代中国の哲学に基づいています。
「陰陽」や「五行」という観点から、食べものや健康を考えると、
今まで見えなかったことがはっきり見えてきて、
目からウロコの落ちるような思いがすること請け合いです。

Modified Yin & Yang symbol - sunny day versus moon at night

◇西洋栄養学の観点からも

西洋医学・西洋栄養学の知識も同時に提供します。
多角的な視野と、マスコミの情報や宣伝などに惑わされない
しっかりとした判断力を養っていただけます。

◆環境・農業・社会(ライブ動画・テキスト)

地球上の生きものの命は、食を通じてすべてつながっています。
わたしたちや子どもたちの未来のためにも、すべての生きものの
命にやさしい、持続可能な食べ方を学びましょう。

2

 

◆手当て法実習(テキストのみ)

風邪のひきはじめには梅生番茶、咳が出るときにはれんこん湯、
過食や低血糖症には甘い野菜のスープなど、
身近な食材を使って病気やけがの手当てをする方法。
実生活にとても役立ちます。

P1020903

◆マナー・伝統文化(テキストのみ)

現代人の多くが知らない和食のマナー。
きちんと学んで美しい所作を身に付ければ、いざという時に恥をかきません。
四季折々の行事食や由来も知って、より心豊かに暮らしましょう。

いただきます

◆調理実習(テキストのみ)

ご飯の炊き方、だしの取り方といった基本からしっかり記載していますので、料理初心者でも男性でも大丈夫。
教室でつくるのと同じ、その季節の旬の食材を使ったおいしいメニューをお伝えします。

たかきびご飯490k

◆旬のレシピ帖(テキストのみ)

旬の食材を何種類か取り上げ、その特性を紹介するとともに、その食材の持ち味を生かした簡単レシピをご紹介。また、肉や魚の代わりになる食べ応えのある主菜のレシピなども掲載します。毎月10点近く載せていますので、レパートリーがぐんと広がります。

 

おいしい!

植物性素材だけなのに、物足りなさを感じさせない、豊かな味わいが自慢です。

働く女性でもつくれるような、簡単で実用的なレシピを中心に、時にはパーティー用の手の込んだ華やかなメニューもご紹介します。

豆腐のラープ

 

楽しい!

講義の中には受講者に考えて答えてもらうワークショップのような時間も用意しますので、飽きずに楽しく学ぶことができます。

 

充実のテキスト

ところどころにカラフルな写真やイラストも散りばめられたテキストは、毎回30ページ程度の充実度。復習に困らないだけでなく、授業よりもさらに深く堀りさげて学ぶことも可能です。

教室の教材

一人ひとりの体質に応じた
細かな個人アドバイスも可能です

人間の体質は人それぞれ。また同じ人でも、不足している栄養素などは日々変化していきますので、その時々に応じて食事内容も変えていくことが望まれます。

あなたに合うのは、玄米? 七分づき米? 肉や魚は食べない方がいい? 食べるなら何グラム程度が適当? メープルシロップは食べても大丈夫? などなど……。

一度食養相談(1時間2500円)を受けていただいた上で、講義の後の質問タイムにご相談いただければ、あなたにあった食べ物の種類や量を診断し、後程E-mailで、あるいは個別にテレビ電話方式でお伝えすることもできます(無料)。課題提出時にも、質問をお受けすることができます。

 

この教室で得られる11のポイント

サステナ・フード教室で学ぶと、こんなにたくさんのことが得られます。

1.健康になれる
2.美しくなれる
3.幸せになれる
4.過剰なとらわれから解放され、自由になれる
5.不調に対処する能力が身につく
6.定番料理のレパートリーが増える
7.日本の食の作法が身につく
8.日本の伝統文化を知ることができる
9.食を支える農の大切さ・おもしろさがわかる
10.食生活を通して環境保護ができる
11.食生活を通してよりよい社会を建設できる

 

それぞれの項目についてもっと詳しく知りたい方はこちらを。

P1220446

ご受講のしくみ

四季に応じた食を学んでいただくため、受講期間は1年間です。4月から受講を開始して頂ければ、講義をライブ動画で受講し、質問もテレビ電話方式ですることができます。

その他の月から始めたい方は、最低2回は録画の講義をご覧いただいたうえで、4月開講のグループに合流していただき、一緒にライブ動画をご視聴いただくことになります。

8月から受講を開始した場合には、翌年8月まで13か月のご受講となります。

例)8月から受講を開始される場合

8月:録画による講義2回分の視聴(①「ヒトの食性」+「さまざまな有機農法」、②「食べものと人の陰陽」+「農業の中の陰陽」)課題の提出はなし

9月~翌年8月:ライブ動画とテキストによる受講、課題の提出

 

平成31年=令和元年のライブ動画配信予定

※5月は第2週になりますのでご注意ください。

4/3、5/8、6/5、7/3、8/7、9/4、10/2、11/6、12/4

令和2年のライブ動画配信予定

※1月は第2週になりますのでご注意ください。

1/8、2/6、3/4

 

受講料:36,000円(1年間)

分割の場合:前期20,000円、後期20,000円

教材の送信:毎月1回×12ヶ月(4月以外に開始される方は13か月)

課題の提出:毎月1回×12ヶ月(4月以外に開始される方は13か月)

イベントで合流もOK

農業体験や単発講座などのイベントに参加が可能な方は、教室の受講生と一緒に参加していただくことができます(参加料金別途)。また、教室のメーリングリストに参加して受講生の方同士での交流も楽しんでいただけます。

希望者には修了試験&認定証を授与

認定証(佐藤さん)1年間の受講期間が終わった後で、「サステナ・フード・マスター認定証」をご希望の方には試験を受けていただきます。試験もE-mailで問題を送信し、時間内に答案を返信していただくかたちをとります。合格者には「サステナ・フード・マスター認定証」を授与いたします。

受験料:3000円   合格者への認定証の発行:無料

受講申し込み

サステナ・フード通信講座にはサイトの「教室受講申し込み」フォームからお申込みください。折り返し振込先をご連絡しますので、郵便局または銀行から受講料のお振込みをお願いします。